大手町,東京駅,丸の内の歯医者,歯科。日本の歯科100選(インプラント部門)に選ばれました。

大手町デンタルクリニック

丸の内の歯科の初めての方へのバナー

ブログ月別アーカイブ

Powered by mod LCA

スタッフブログ

歯ブラシについて

#0003

【歯ブラシについて】 

 歯ブラシの選び方よく患者さまより、「どういった歯ブラシを使うべきなのか?」というご質問を頂きます。

手動歯ブラシ、電動歯ブラシどちらがより良いのか?  歯ブラシの形状は?大きさは?毛の硬さは?  最近では様々な歯ブラシが流通しているので、ご自分にあったものを選択するのは大変ですよね。

 

  歯ブラシに種類があるように、患者さんのお口の中(歯の並び方、大きさ、形など)もひとりひとりみなさん異なっています。 なので一概にこういったものを使うべきですというものはなく、ご自身のお口にあったものを是非見つけて頂ければと思います。

 

  以下の文は、大まかなものではありますが歯ブラシの選択基準についてまとめたものになります。

 

①歯ブラシの大きさについて 歯ブラシの頭部は、小さめのほうが清掃しやすい。ただし、ある程度の大きさがないと清掃効率が悪くなる。

 

②毛の硬さについて 一般的に、かため、ふつう、やわらかめの3種類がある。

 

 かためを選択するメリットとしては、やわらかめと比較した時にプラーク(歯垢)の除去率が高い  デメリットは、ブラッシングの強い方が使用した場合歯や歯茎を傷つけてしまいやすくなる

 

  やわらかめを用いるのに適しているのは歯周病など歯肉に炎症がある方  歯と歯茎をの境目(歯周ポケット)に毛先をいれて磨いて頂きたい為やわらかい~ふつうくらいの硬さが適している。

 

③手用歯ブラシと電動歯ブラシどちらがいいのか?  毛先を正しい角度で、プラーク(歯垢)の付着部位に当てて頂き、振動させ、除去して頂ければその手段が手用であっても電動であっても差はありません。

 

 どのような歯ブラシを使用するかはもちろん大切ですが、それ以上にその歯ブラシを「きちんと使いこなせるか?」がとても重要になります。  歯ブラシの仕方を変えるだけで、新たな虫歯を防ぎ、歯周病の進行をとめることができます。

 

  当院では専門の歯科衛生士がしっかりと患者さんのお口にあった歯ブラシの方法をご提案させて頂いておりますので、歯磨きでお悩みがある方はぜひ一度当院にお越し頂ければと思います。

プラーク(歯垢、しこう、バイオフィルム)ってなに?

 #0002

【プラークとは何かご存知ですか?】

 プラーク(歯垢)の正体の画像 さんこんにちは^ ^ 秋も深まり寒くなって参りましたが、いかがお過ごしでしょうか?

さて、最近よくテレビや雑誌などでプラークという言葉を見かけますが、皆さんはこのプラークの正体ご存知ですか?

実は以外と「聞いたことはあるけど何だかわからない…」という方は少なくありません!

 

そこで今日はプラークについてお話します^ ^

 

  プラークとは細菌の塊(食べカスとは違います)です。約700種類の細菌がいると言われています。

そしてプラークはバイオフィルムという膜を張ります。  身近なもので例えると、排水溝のヌルヌルしたものも実はバイオフィルムなのです!

 

 プラーク(歯垢)を取る方法皆さん、あれはどうやって落としますか?

 水で洗い流して落ちますか?落ちないですよね(;_;)

ヌルヌルを取るにはブラシまたはスポンジなどを使って落とします。

お口の中のプラークも一緒でうがいでは落ちません。 ですので、歯ブラシ、またはデンタルフロス、歯間ブラシなどを使用しなければ落とせないのです。

よくある洗口剤などには一切プラークを落とす作用はありません(プラークができにくくはしますが)

 

またプラークは約24時間で形成されると言われています。  完璧にケアしても残念ながら翌日にはまたプラークが作られてしまうのです…^^;

 

ですので、毎日のケアが大切になってきます。

 

なぜプラークを落とす事が必要なのか、それはまたの機会にお話します^ ^

研修会に行ってきました。2015年11月7日(土)

#0001 

【研修会に行ってきました】 

イエテボリ大学式歯周病治療の歯医者(歯科)117日にイエテボリ大学(スウェーデン)名誉教授ヤン・リンデ教授の講演会が催され、当院のDr.1名、歯科衛生士2名も参加させて頂きました。

講演会の演題は「歯周病を考える」

 臨床的なデータをもとに各症例に対するアプローチの仕方など、リンデ教授の考える歯周治療学をしっかりと学ぶことができました。

8時間に及ぶリンデ教授の講演会の中で一番強く訴えかけられていたことは、やはりプラークコントロールの重要性でした。

みなさんプラークコントロールという言葉をご存知でしょうか? プラークコントロールとは、歯周病や虫歯を引き起こす原因であるプラーク(歯垢)を除去することを指します。


   プラークコントロールについては当院の歯周病治療プログラムの中でも一番大切な項目として組み込まれていますので、今回の講演で学んだことを患者さんにお話する際に生かせたらと思います。

10 / 10 ページ

歯科医師が書いた歯を抜かない治療の紹介や歯の悩みを解決するサイト メルマガ用バナー 歯の治療の動画サイト

丸の内で歯の治療のことはお気軽にご相談下さい

丸の内で歯のお悩み、疑問にお答えします

当院は健康保健取り扱い医療機関でございます。虫歯や歯周病(歯槽膿漏)の治療を基本に、予防治療、ホワイトニング、審美治療、矯正治療、インプラント、口腔外科、再生療法もおこない「一般的な歯医者の治療~専門的な歯科治療」まで幅広い対応ができる体制をとっております。地下鉄大手町駅直結、JR東京駅、丸の内エリアからもアクセス便利な立地の歯科医院でございます。東京駅丸の内北口から徒歩4分、丸の内エリアに隣接する歯医者です(丸の内永楽ビル様より徒歩30秒、丸の内センタービル様、新丸の内センタービル様、日本生命丸の内ガーデンタワー様より徒歩2分、新丸の内ビル様より徒歩3分、丸の内北口ビル様、日本生命丸の内ビル様より徒歩4分)。

インプラントと歯周病(歯槽膿漏)の専門施設【大手町歯周病インプラントセンター】併設   東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエアWEST1階

トップページ初めての方へ院長挨拶・スタッフ紹介総合治療最新式入れ歯歯周病治療インプラント
根の治療ホワイトニング診療理念よくある質問患者様の声治療の流れインフォメーションメール(無料)相談